読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALの謎を解く

妄想で突っ走ってます!(◎_◎;

BABYMETAL現象の謎を「内分泌生理学」で解く~?

f:id:usikamo:20150427141345j:plain

内分泌って、、、いや言わんといてください!もー、無茶振りー!

謎解きシリーズ、ついにネタ切れの破れかぶれのお題でございますぅ、はっはっー

でもだらだら書いてればそのうちなんか見えてくるかも知れないしー、あはははは~

・・・と、いうことでw

 

怒りを楽しさで制圧する

 

内分泌っていうと、一般的にホルモンとして知られますが、そのうち脳内神経伝達物質が一番関心を持たれることが多いですよね。

実際、人間の感情や欲求、やる気や体調含めてホルモンは大きく関与しています。

たとえば人を動かす一番大きな力は怒り愛情(=なにかを好きになること)です。

それぞれ大元はノルアドレナリンドーパミンという神経伝達物質ですが、これらが感情&欲求を惹起・動機付けして、人を行動に駆り立てているわけです。

(ちなみにアドレナリンは恐怖を感じた時分泌されるので恐怖のホルモンと呼ばれる)

 

それがどれほど強力な力を持つかというと、ドーパミン覚せい剤とほぼ同じ化学構造で、そのドーパミンから覚醒作用が最強のノルアドレナリンが作られます。

ご存知の通り、覚せい剤は強烈な快感・覚醒作用があるわけですから、つまり覚せい剤とは、人為的に作られたノルアドレナリンでありドーパミンであるわけですね。

だから、それほど愛情と怒りの感情には快感と覚醒作用があるわけですから、人は理性を超えた盲目的な愛情を求め、人を駆り立てる怒りに身を任せてしまう、のです。

 

サテ、だんだんお分かりになってきたかと思いますが、この謎解きシリーズの一回目『BABYMETALとはなにか──私論、アイドルとヘビーメタルの融合がもたらすもの』で述べた通り、ロックは若者の成長期特有の鬱屈した欲求(怒りですね)これを表現した音楽です。つまり、ノルアドレナリンを噴出させる音楽!

その最たるものが現在の最強のHeavyMETALへと進化した。

 

そこにBABYMETALが、さらにKawaiiを放り込んで混ぜこぜにして、ドーパミンを噴出させるkawaii+METALへとさらに進化させた。

だから、kawaiiMETAL=BABYMETALは最強のロック音楽なんですね。

一度ハマってしまったら、もうドーパミンノルアドレナリン中毒患者death!

 

しかしそれだけでじゃないんです。

ドーパミンは猛毒(覚せい剤と一緒)なので、放出を抑えるブレーキ役の神経回路も脳内に張り巡らされています。でも、前頭連合野だけそれがないんです。

ですから、前頭連合野の想像力で、喜びや幸せ・楽しさのイメージを拡大させればさせるほど、ドーパミン分泌にブレーキがかからず大量に放出される。

(それで人間だけ前頭連合野が肥大化した。その増殖スピードは癌細胞に譬えられる)

だから、怒りよりも愛情の方がはるかに力が強いんですね。

※たとえば、前頭連合野が納得する正当な理由さえつけば、人間は愛のために自分の命の犠牲も厭わない。

 例:愛国心愛社精神・自分の子に対する母親の愛・十字軍など神への愛、他。

 

さぁ、もぅそうなると一日たりとて聞かず(観ず)にはいられません。

もぉ~毎日が楽しくってしょうがない!同じ感覚を求めてさくら学院等、ネットの隅々の僅かな情報を探しに探しまくるw、BOH神はコンビニ前をうろつくwww

だからこそ、今世界で最強の快感を与えるBABYMETALに、真っ向勝負で対抗できるヘビメタバンドは存在しないわけです。

 

そぅそぅ、つけ加えますと、先日の黒ミサより赤ミサの方が断然!楽しそうに見えたのは、Kawaiiさ満開だったからでそれに脳内ホルモンが敏感に反応したからですね。

(たとえると、おいしそうな料理を見て、ジュルッと唾が出てくる現象と同じです。

 前頭連合野でイメージしただけで、すでにドーパミンが分泌されたんですね) 

 

え~、思い付きで書いてるんで後先逆になりますが、HeavyMETALが進化するとともに若者からの需要が減って衰退傾向にあったというのは、上記の理由からいっても当然のことなんです。ノルアドレナリンはすぐにプレーキがかかるようになってるし、そもそも大半の人間は生きている間ドーパミンを欲してるから、ということですね。

だから、BABYMETALは生理的な意味でも、本来の躍動するエネルギーに満ちたメタルを復活させる救世主なのだ、ということもここから言えるのです。

※BABYMETALを楽しめない(拒絶する)ヘイターは、内心になにか鬱屈した怒りまたは葛藤が抑圧されている可能性があり、ノルアドレナリンの放出に心身を任せることにより、カタルシスを得ているということだと思います。(メタラーではないフーリガン的な人は、直接的な暴力行為で解消してるのでしょう)

 

Kawaiiは正義!Kawaiiは力!

可愛いは正義!という言葉を時々目にしますが、これはある意味真理だと思います。

怒りで征服された世界よりも、可愛い!楽しい!で征服された世界のほうが、はるかに平和的な世界であることは容易に想像できます。

 

今世界中、アジア・中東・欧州・米国・アフリカも、次第に怒りで覆い尽くされる方向に進んでいます。おそらく政治や外交では解決できないでしょう。

それは単に形を変えた、武力によらない、他の手段による戦争周恩来)ですから。

 

直接的に人々に平和のメッセージを伝え、

そして共有すること。

BABYMETALは着実に今、

それを世界のファンの一人一人の心の中に育てている。

Kawaiiは正義。kawaiiは力。

kawaii正義の力をもって世界を覆い尽くし征服する。

そこにこそメタルレジスタンスの

隠された意義があるのではないか?

そう夢想するわけですね

 

以上、メタ論ならぬメチャ論的解釈ですが、

BABYMETAL現象の謎、内分泌生理学で解け?てますでしょーか?(冷^汗)

 

 

PS.皆さま、いつも閲覧くださりありがとうございます。

ほかのもっと楽しいブログがあるにも関わらず、また旬の話題でもないこの長ったらしい(笑)思い付き文章を、たくさんの皆様方に閲覧頂き大変恐縮しております。

これからも些少でも喜んで頂けるよう、また微力ながらBABYMETALの応援となるような記事の投稿内容に努めてまいりたいと思います。(お気づきの点ございましたら遠慮なくご指摘くださいませ)

よろしくお願い申し上げます。

 

あ!それと↑書いてて思いついたんですが、次回のお題は「Kawaiiと日本文化の関係」から、中世まで遡ってベビメタの特殊性の考察?ってなところです、たぶんw

広告を非表示にする