読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALの謎を解く

妄想で突っ走ってます!(◎_◎;

リアルタイムに生きる-メギツネ歌詞、独自解釈

リアルタイムに生きる

時代を体感するにはリアルタイム以上の経験というものはない。

だがそれ以上に大切なことは、自分がリアルタイムで〝生きているかどうか?〟だ。

思うに、人は成長するに従い、社会で生きていくための技術と規範意識を身に付け、次第に大人になっていく。しかし、いつの間にか周囲に合わせるために自分というものを押し殺し、日々に流されていることがある。

むろん、仕事や学ぶこと、愛すべき家族や大切な人々との珠玉ような絆の中に、喜びと美しさを見い出せた人はまた別だ。

しかし、生きることの困難さの前にそれらは脆くも崩れやすい。

 

その時、人は過去の記憶(成功体験や失敗体験)の中に生きたり、未来への過剰な期待や不安の中でもがき煩悶し、苦悩して、現在に立ちはだかる壁に目をつむる。

そうして無情にも過ぎ去る時間の狭間に呆然と立ち尽くし、いつしか自分というものを見失い、心を閉ざす。

 

いずれもその時、その人は「今」を生きてはいない。

過ぎ去った過去に現在を見、まだ存在し得ない未来の妄想と、現在の虚像の慄きの中に生きている。

 

過去の記憶に生きず、未来の妄想に生きず、現在の虚像を怖れず、

ありのままの一瞬の今に心を澄ます。

 

かりそめの夢

   f:id:usikamo:20150523060443j:plain

サテ、今回はメギツネの歌詞について筆者独自の(ということはテケトーなw)解釈を試みる。(・ワ・)

 一般にメギツネの歌詞は、女心を歌ったものだと解釈されているが、筆者はそこには女性だけではない、普遍的な人間の心理(真理)が歌われていると考える。

 

まず、注目するのはこれ。

かりそめの夢に 踊る

幾千の時を超えて 今を生きる

かりそめの夢とは、未来から過去へ流れる時間の一瞬の狭間の「今」のことを指す。

つまり、時間とは一瞬として留まらず、未来は今へ、今は過去へと絶え間なく流れ、今は一瞬の泡沫(うたかた)の夢のように消え去ってゆく。

だから、今この瞬間というのは、一瞬(かりそめ)の夢の如し、という意味となる。

幾千の時を超えて 今を生きるとは、そういう数え切れないほどの未来と過去が連綿と連なっている時間のいずれの時でもなく、それを超えて、今まさにこの瞬間を生きる、ということである。

したがって、かりそめの夢に踊る幾千の時を超えて今を生きる となり、

左辺の意味を右辺が解説している構造だということが理解できる。

 

そこでこのパートを意訳すれば、

一瞬として留まることのない時間の中で、過去にも流されず、未来にも囚われず、ただ夢のように現れ消えてゆく「今この瞬間」だけをつかまえて生きる。

ということになるかと思う。

   f:id:usikamo:20150523060632j:plain

つづいてのポイント。

顔で笑って 心で泣いて

「そうよね」って 涙はみせないの 

一見、我慢する、耐え忍ぶということのように思えるが、しかしそうではない。

顔で笑って心で泣いてとは、自分の外側に心を動かす対象があるということを示す。

つまり、その対象に心を動揺させない、ということだ。

なーんだ、やっぱり我慢ってことじゃない?と思われるかも知れないが、だが違う。

 

というのも、自分の目の前にある対象と言うのは、常に時間の影響を受け、時々刻々と変化してゆく。今まさに〝それ〟が自分に影響を与えていたとしても、それは一瞬後には過去へと移動し、未来から来た新たな事態へと移り変わってゆく。同じように見えても、実際に見えている対象は、違うものなのだ。

 

しかし、冒頭で述べた通り、ヒトは対象に同じものを見ようと欲して、過去の対象や未来の対象を観てしまう。あるいは現実以上の虚像をイメージし対象に投影してしまう。つまり、現実にはない対象をイメージしてしまうということだ。

 

したがって、ここでは自分の外側にある常に流動する対象に囚われないこと、ありのままの対象を観て、心が虚像というイメージに囚われないことの大切さを歌っているということになる。だから、決して単に我慢する、耐え忍ぶという意味ではないということだ。

そうして、これは先の、幾千の時を超えて 今を生きる ための方法、すなわち、心の持ち方(心構え)であり具体的なアドバイスだということになる。

 

さらに次。

ずっと いつも 消えない様に 花火を上げるの

前述の心構えを、永遠にずっと 常にいつも キープ消えない様に しておくことが大切であり、それは自分の心の中に真夏の夜空一面に煌めく花火のように輝かせておく花火を上げる ことなのよというコツをアドバイスしているのである。

 

以上を合わせて考えれば、この歌は、女性だけではなく男性も含めて、人が生きるということの真理を突いた曲である、ということが理解できる、、、かな?w

まぁいいや、そう考えた方が男性も、より自分の歌としてとらえることができるのではなかろか?

 

いずれにせよ、すぅちゃんの今の姿を見ると、完全にこの歌を自分のものとしているように見える。そう、ここがなんといっても一番のポイントだ。

   f:id:usikamo:20150523060746j:plain

 

表現者が歌と完全に一致してリアルに世界を表現するとき、観る者にそれは「今」という事実として、寸分のズレもなくリアルタイムに迫って来る。 

私たちは、今を生き、煌めく中元すず香の中に、流れゆく時間の一瞬のリアルタイムにシンクロし、歴史の動く瞬間を体感する。

 

人々が感銘する理由はそこにある。

   

    www.youtube.com 

 

 

 

****************

※以下のお知らせは、ネタ切れのため、一旦、弊ブログ閉店の告知をしたものです。 しかし、その後閉店したにも関わらず温かいご要望と、閉店前と変わらないアクセス数を頂いたことから、再開させていただきました。

え~決して閉店セール詐欺ではアリマセン(゜∀゜;)  2015-10-24追記

 

 

 

◆お知らせ

 当ブログは、「謎を解く」という、まーまー仰々しい大層なタイトルを掲げた結果、当初からネタに困るという事態に陥り、なんとかバターのように薄ぅ~く引き延ばしてきましたが、ついにネタ切れとなってしまいました。><

しかも、閲覧者様のツボが未だに分からずw、筆者のナイ頭を大いに悩ましてます。

(まぁ、個人ブログだから好きなように書いていいはずなんだけどw)

 

ということで、 このブログはしばらく閉店ガラガラ~にしよっかなーと思う次第でアリマス。

そゆことで、長らくお付き合い頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

(少しは楽しんでいただけたか知らん?)

 

※なお、訂正個所など、えー、いっぱいあるかと思うんですが、もしコメント欄でご指摘いただいた際には、随時訂正させていただきます。

 

           閉店ガラガラ~

広告を非表示にする