BABYMETALの謎を解く

妄想で突っ走ってます!(◎_◎;

時代は仮想空間から現実世界へ

筆者の話で申し訳ないんですけど、筆者がベビメタを知ってからもうすぐ一年。

以来、毎日ベビメタ聞いてます。

でもホント不思議なんですよねー、同じ曲を繰り返し繰り返し聞いてるのに全然飽きが来ない。それどころか、とっかえひっかえ今日は武道館、今度はSSA、LONDON等々、観てしまう。昨日も家内なんかニヤニヤしながら「楽しーっ!」って1997観てた。

 

以前と違うところをよくよく考えてみると、毎日ベビメタを観て聴いてるってだけではなく、心の持ち方もだいぶ違っているような気がします。

たとえば、家内から言わせると筆者は眉間によくシワを寄せて難しい顔をしてたらしいのですが(←たまに仕事のことも考えるw)、それがまったくなくなったそうです。

確かに、以前に比べて心が軽く、楽しい気分でいる時が多いような気がしますね、、、ただブログの〝ネタ〟がなくて頭を悩ましてるんですが(・∀・)

 

 

サテ、そこでブログ更新。

なんか気の利いた事思い付かないんで(←といってもいつもですがw)一か月ほど前に他のところで書いた記事を転載したいとオモイマス、、え~手抜きです(゚∀゚;)

ちょっと古いデータですが、アミューズの株価から思い付いて書いた記事です。

では早速。

 

時代は仮想空間から現実世界へ


2015-8-28(金)のアミューズの株価が瞬間5000円の大台を超えたそうだ。
これは前々日の26日、BABYMETALが来年4月にイギリス・ロンドン・ウェンブリーアリーナでの単独公演を発表したためだ。

※8/28の株価

f:id:usikamo:20151006083041j:plain

 

※一週間の値動き

f:id:usikamo:20151006082932j:plain

BABYMETAL、英ウェンブリー・アリーナで1万人超の単独公演決定 (M-ON!Press(エムオンプレス)) - Yahoo!ニュース

 

サテ、今回特筆すべきは、その会場規模もさることながら発表の仕方が興味深かった。

というのも最初の発表は、総合音楽雑誌では世界最大の販売部数を誇る『KERRANG!』誌が「すっぱ抜く」という形態をとり、その後、BABYMETAL公式がツイッターで発表したからだ。

※KERRABG!誌は先にBABYMETALについて重大(大規模)な発表があると思わしげなツィートし、翌日にこの発表をした。 まるですでに世界でも有数のメジャーバンドのような扱いである。

 


またそれだけではない。

昨日一昨日(8/29・30)、同英国Reading and Leeds Festivalsが行われ、BABYMETALはメインステージのトップバッターを務めた。 レディングフェスティバルとは、ご存知の方もいらっしゃるかも知れないが、世界でも有数の音楽フェスで、日本のバンドで参加出来たグループは片手で数えるほどしかいない。
もちろん、メインステージに出られるというのは破格の扱いである。(ちなみに日本のサマソニはこのフェスを参考に企画されたもの)

 

それがさらに、BABYMETALは「レディングフェスティバルで見逃してはならない5つのバンドのひとつ」として盛大に宣伝された。

 

面白いのは、トップ画像がやはりBABYMETALの三人で、しかも他のバンドは詳しく説明しているのに、BABYMETALはただ「Because this:」だw
つまり「これ見りゃ(取り上げた理由)わかるだろ?」ってことだ。

 

 

そしてその結果がこれ。

f:id:usikamo:20151006083939j:plain

 

フェスのトップバッターの出演時間は当然、早い時間のお昼だから〝まばら〟が通常。しかもトップバッターは演奏時間がたったの30分しかない。
大概は目当ての有名バンドを目指して来場するから、人出は午後遅く~夜がピークとなる。
それがすでにこの、人、人、人だ。(正式な発表がないのでわからないが数万人規模であることは間違いない。)
異常事態である。

つまり、(海外の)メディアが極度にBABYMETALに注目し、さらに煽り、集客してくれているのである。


ここでご存知ないかも知れないので一応断っておくと、BABYMETALはロックチャートやメタルチャートでは1位にランクインしたことはあるが、総合チャートではまだない。
それどころか10位以内に入ったこともない。
つまり、海外の一般需要に対して、まだそれほどの実績はないのである。

しかしこの扱いだ。
むろん、これはKERRANG!誌だけではない。BBCも注目しているようだし、メタル専門誌のMETAL HAMMER誌に至っては、BABYMETALを表紙にしたり、サイトのトップ画像をBABYMETALの3人にしたりと、その入れ込み具合のすごさは相当なものがある。(ちなみに表紙にした号は、ネット予約段階で即完売。追加印刷で街のコンビニ等で未だに並べられており、創刊以来の販売部数を記録し続けている。)
また、メディアだけではなく、プロであるはずの他のバンドのミュージシャンまでもがBABYMETALのTシャツをわざわざ着てフェスで演奏をしたり、ツイートしたり、一緒の写真を撮ったりしてくれている。

 

つまり、まだ音楽的な(CD等の販売数の)実績がないのにも関わらず、BABYMETALの持っている〝何か〟に対する注目が極端に先行しており、その人気に乗り遅れまいとする、各マスコミ・メディアが先を争って乗じようとしているということなのである。
まったくもって異常な事態と言える。


もちろん、アミューズがお金をあちこちにばらまいてるんだろう、という穿った見方をする人もいる。
しかし、その見方は正しくない。
今年の海外ツアーでのアミューズの会場の選び方は、実際の集客力より小さめの箱であり随分と慎重だ。まるで石橋を叩いて渡るかのよう。絶対に赤字は出さんぞ!と決意しているかのような。
その慎重なアミューズがいきなり12000超のアリーナを選定すると考えるのは合理的ではない。
おそらく、現地(英国)のプロモーターが積極的にアミューズ側に働きかけ、動いているのだろうと考える方がはるかに合理的である。


つまり、結論として、一般視聴者に先んじて、メディア・プロのミュージシャン・プロモーターなど〝業界側〟がこぞってBABYMETALの持つ〝何か〟に大きな将来性を感じ、見い出している、と推察するのである。


その〝見えない動き〟の結果が(情報に敏感な投資家たちも嗅ぎ取り)冒頭の株価として表れた。そういうことだろう。

 

さてそれではそもそも、一体そのBABYMETALの持つ〝何か〟とは何なのか?
それはこれを見て判断して頂くより他ない。

 

 

ご覧の通り、この女性はBABYMETALの初見らしく、思わず笑ってしまっている。
これこそ、BABYMETALの与えるインパクトなのである。

 


思わず笑みをもらしてしまうこと。

 

f:id:usikamo:20151006084508j:plain

 

そして、演奏を最後まで見ると(実体験すると)すっかり惹き込まれ、夢中になってしまう。

 

 

そうなのである。
BABYMETALの真価はライブにあり、ライブを見て初めてその価値が判る。
歌・演奏・踊り、この三者が組み合わさった新たな感覚。
決してCDなどの音源だけではわからない新たな音楽のスタイルの始まりなのである。

時代は、CDやダウンロードだけの音源から、生体験のライブへと移行しているのであり、それは同時に、人々の求めるものが仮想空間だけでは物足りず、現実世界での実体験を求める時代へと回帰しつつあることを示唆している、と考えるのである。

 

おしまい。

 

 

本記事は以上ですが、あと上記に関連して少しやり取りしてます。

以下、一部抜粋。

 

 

(前略)なんか、Ingressというスマホの位置情報を利用したゲームがありますよね?
あれと同じなんだと思うんです。
ネットやスマホでの仮想空間体験、つまり頭ん中だけの体験では物足りなくなってきて、実際のリアルの「生体験」も同時に感覚したい、そういう原初的な感覚に回帰し始めてるんだと思うんですよね!

だから、
初音ミクも、パソコンの画面だけでは物足りず、外部のコンサート会場に拡大する、
・それ以前にAKB商法の接触商法が受ける(←ただし投票権商法がエグイ&人数多過ぎるので人気低下傾向)、
・モモクロのライブ活動中心のアプローチが受ける、
ってな感じかと思います。

みんな本来、お外が好き、原初体験がしたいってことですかね^^

(中略)

 

 >仮想空間体験じゃなくって、仮想現実がリアルに追いついた場合までの限定なんだろうか?

 

結局、人が感じる体験はすべて内面体験なので、ヴァーチャルとリアルを切り分けるのは、他人の意志が介在するかどうか?の違いですよね?
また、満足感・充足感は自分の内面でしか感じられないので、自分の思い通りになるヴァーチャルでは十分な満足感を得られるのに対し、リアルではすべてが思い通りになることはないので、不満足感が残る場合の方が圧倒的に多い。

 


だから、ネットやゲームなど仮想空間に引き籠ってしまう人が増えたんだと思うけれども、 しかし、実際、現実生活というものは絶対に避けられないものだから、ネットやゲームから切り離され現実生活に戻った瞬間、他人の意志が介在してくる。

 

では、その〝苦痛〟をどう処理したらよいか?
結局、自分の内面世界をリアル世界に合わせるか、あるいは、リアル世界の中で、自分の内面世界を実現(満足)させてくれるコンテンツを選ぶ、ということになる。
それが音楽であったり、映画や遊園地、演劇、スポーツ、あるいは宗教や政治活動であったりするのだと思います。(中には仕事や家庭という方もいるかと思います)

 


すべては、自分の内面世界の概念といかに一致しているかどうか?
言い換えるならば、
「自己意志と現実(他の意志)の一致」=「自己と世界(他)の一致」
を求めていて、それは自己存在が世界と一致した、矛盾のない状態を最高の状態と(無意識に考えて)生きている、ということだと思います。

 


言い換えると、人間は、原初的に、自分の存在理由(意味)を求めて生る生物だとも言えるかもしれませんネ。
通俗的にいうと、人はみな自己実現しようとして生きてるって感じでせうか? 

 

 

いじょーです。

最後までお付き合いくださった方、

古い情報の上にコピペでホントすいません(゚∀゚;)