読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALの謎を解く

妄想で突っ走ってます!(◎_◎;

METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第三白熱教室)

一般ベビ学講義?

(前回、METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第二白熱教室) より続き)

 [約5000文字:長い上に理屈っぽいDEATH!|д゚)]

 

 

キタキタキタキターッ!ついに来ましたねーっ!

 

ニューアルバム『METAL RESISTANCE』アートワーク・収録曲が遂に解禁!!!

f:id:usikamo:20160221061802j:plain

 【収録曲】※初回生産限定盤・通常盤 共通


 1. Road of Resistance

 2. KARATE
 3. あわだまフィーバー
 4. ヤバッ!
 5. Amore - 蒼星 -
 6. META!メタ太郎
 7.シンコペーション
 8. GJ!
 9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE

 

 

しかしなんでしょうねー?

この期待感たっぷりの謎の曲目!

 

META!メタ太郎 ???

 

なんだろなんだろ?

META!だから、超越論的?なメタル+太郎???

う~ん、、、こんな ↓ 感じ?

 

f:id:usikamo:20160221062619j:plain

 

(・∀・)アヒャ

 

ま、それはトモカク(汗)、

今世界で、曲目が発表されただけで一斉にメディアから注目されるバンドって、なかなかないんじゃないでしょうか?(しかも1stアルバムは大ヒット飛ばしたわけでもないのに)

 

たとえば、通常、多くの音楽好きの方は、いろんなミュージシャンのさまざまな曲を ipod等に次々入れてランダムに聴いたりしますよね?

それがたとえ好きなバンドであっても、他のミュージシャンの良曲があれば、それとチャンポンにして聴いてるのが普通だと思います。

しかし、BABYMETALの場合、発売前からアルバム自体に対してここまでの「飢餓感」という感覚を与えてしまうという、そういうバンドというのは、ビルボード上位常連のミュージシャンであっても、かなり限られて来るんじゃないでせうか?

 

んー、なんでしょうね?

このBABYMETALが世界に抱かせる〈期待感〉っていうのは。

少しでも聴いた人に〝何かがある!〟と感じさせてしまう。

いずれにしても、このことだけでも、BABYMETALの音楽性には通常の他のバンドにない突出した〝何か〟があるってことですね!

 

いよいよ、来る4/1 FOXDAY(2/25のKARATEも)、期待は高まる一方DEATH!

 

 

では、また次回お逢いいたしま、、、あ!ちがったw

ベビ論、第三回目書かなきゃw(゚∀゚;)アセアセ

 

 

では、う゛~、第三教室へ移動したいと思いまーす。(前なに書いたっけ?w)

 

※本ブログ記載内容は、独自の〈深読み過ぎ&妄想解釈に基づく「こんな解釈もできんじゃね?」という程度のものであり、オリジナル作曲者・プロデューサー等との意図とは異なる場合が、、あ~、一杯あります、たぶんw 予めご了承下さい。|д゚)

※あと〝違う(仮名)〟を正式表記の「ヤバッ!」に統一いたします。

 

 

では開講~

 

 

THE ONEの概念を読み解く

 

[歌詞:THE ONE]

※注:( )内は独自解釈による超訳。The ONEは概念が複雑なためそのまま表記した。

 

The reason why.  I can understand it.

(私はその理由を知りたい)

Open your mind.  We can understand it.

(私たちはきっとそれを理解することができる)

Please let me know.  もし答えがあるなら

Let me know.  教えて欲しい

 

 

時を超えて僕らは行く

眩い光の中へ

僕らの声[ONE FOR ALL

僕らの夢[ALL FOR ONE]

僕らのあの場所へ

 

 

We are the one. Together we're the only one.

(私たちはTHE ONE。いまこそ私たちはTHE ONEになる)

You are the one. Forever you're the only one.

(あなたはTHE ONE。あなたはただひとつの大切なTHE ONE、永遠に)

We are the one. Together we're the only one.

(私たちはTHE ONE。いまこそ私たちはTHE ONEになる)

You are the one. Forever you're the only one.

(あなたはTHE ONE。あなたはただひとつの大切なTHE ONE、永遠に)

 

 

I feel it now.  The time has just come here.

(私は感じている。時は今ここに来ていると)

But leave it now.  It's time to get ready.

(だけど今はまだそっとしておこう。そのときは必ず来るのだから)

Tell me why. もし終わりがあるなら

Tell me why. 教えて欲しい

 

 

Stand in the circle pit. (サークルピットに立って)

side by side.  [Stand in the pit.] (さぁ並んで)

Stand in the circle pit. (サークルピットに立って)

Take your hand.  [Ah] (さあ手を取って)

 

 

僕らの声[ONE FOR ALL

僕らの夢[ALL FOR ONE]

僕らのあの場所 彼方へ

 

Lalalala lalala lalalalala.

 

 

We are the one. Together we're the only one.

(私たちはTHE ONE。いまこそ私たちはTHE ONEになる)

You are the one. Forever you're the only one.

(あなたはTHE ONE。あなたはただひとつのTHE ONE、永遠に)

We are the one. Together we are on your side.

(私たちはTHE ONE。私たちはともにそばにいる)

You are the one. Remember always on your side.

(あなたはTHE ONE。忘れないで、いつもあなたのそばにTHE ONEがあることを)

 

 

We are the one. Together we're the only one.

(私たちはTHE ONE。いまこそ私たちはTHE ONEになる)

You are the one. Forever, ah ah ah ah ah ah

(あなたはTHE ONE。永遠に・・・)

 

Lalalala lalala lalalalala.

Lalalala lalala lalalalala.

Lalalala lalala lalalalala.

Lalalal

 

 

 [解 説]

 

 一見するとTHE ONEのメッセージ、すなわち「We are the one=ひとつになる」は「ヤバッ!」のメッセージ、「すべては違う存在である」とは、まるっきり正反対のような印象がある。

 

しかしながら、

前回(筆者が妄想でw)推論したヤバッ!に示唆される現代社会が抱える3つの問題点から次の3つのメッセージが込められているのではないか?と推論した。

 

すなわち、

①決して〝空気〟や〝他人の視線〟に流されることなく、自分自身に自分の考えを問い掛けると同時に、

自己とは異なる価値観を持つ他者(相手)との違いを認め、

③さらには相互に違いを認めることにより、価値観の違いによる対立を乗り越えていく

 

このように考えると、まさしくヤバッ!に含まれる問題意識がTHE ONEの概念を規定していることが理解できる。

 

 

順を追って説明しよー、、、もう答えは出てるよな気がするケドw|д゚)

 

 

 ①決して〝空気〟や〝他人の視線〟に流されることなく

 

これは、内なる監視の目・見えざる権力に抵抗(resistance)することを意味する。

※注:KARATEやRoRに見られる戦う意志や前進する心、あるいは第一回目で紹介した紙芝居の「すなわち己との戦い」がこれに相当する。

 

自分自身に自分の考えを問い掛けると同時に、

 

それは同時に自分で自分の価値観を判断し決定するということであり、取りも直さず「自己決定による納得」の上で社会共通の価値や規範を選び取ることを意味する。

即ちそれは「自由への力の意志」であり、必然アイデンティティの確立へと向かう。

 

 

しかし、いくら自由だと言っても、人は社会を無視して独りで生きることは出来ない。

なぜなら、人が生きるとき必ずそこには社会(周囲)があり、周囲の人に認められることによって初めて人は自分の存在価値を知り、生きる喜びを知ることが出来るからだ。

 

②自己とは異なる価値観を持つ他者(相手)との違いを認め、

③さらには相互に違いを認めることにより、

 

したがって、同じひとつの世界で違う価値観を持つ異なる多くの人々が、それぞれ互いに存在価値を承認するためには、共通する普遍的な価値観を持つことが要請される。

 

それは決して、ひとつの価値観や考え方を合わせるということではなく、まして他者の考えを否定したり、同じ価値観を持つよう強制することでもない。

あくまでも、自らの意志で他者の承認を介しつつ共通する価値の普遍性を求めていく 「意志そのもの」に他ならない。

 

価値観の違いによる対立を乗り越えていく

 

「共通する価値の普遍性を求める意志を共有すること」

それこそが世界から対立をなくす唯一の方法であり、

これこそがTHE ONEの概念の核心である、

 BABYMETAL(Photo by Taku Fujii)

 

そう筆者は考える、、、 嫁にふ~んて言われた|д゚)

 

 

 

 

次回、最終回~ (-。-)y-゜゜゜

 

 

 

 

★付録―THE ONEの概念をもたらした現代哲学の現状について(独自解釈) 

 

超~ザックリと現代哲学の現状を述べます。

 

 

ヤバッ!が示唆する現代社会が抱える3つの問題点は、実はすべて、現代哲学の主流であるポスト構造主義分析哲学が到達した相対主義という考え方に行き着く。

注:ただし最新の哲学ではポスト分析哲学・ネオプラグマティズムや、あるいは社会学と連動して新しい概念を生み出そうとしている。

 

 

本来、17世紀のルネ・デカルトらに始まった近代哲学では、

「人間の理性と自由に意志する主体性を重視し、理性によって真理を知ることができ、さらには、やがてあるべき正しい社会や人間の本当の生き方も知ることができる」

という理性主義・主体性中心主義・真理主義という絶対主義の考えに基づいていた。

その結果、自由と民主主義の概念が広がり、市民革命が起き、科学的知見に基づく産業革命が起き、資本主義が拡大し、以後、世界は急カーブを描いて経済発展し、豊かな生活を享受できる人々が大幅に増えた。

 

 

しかし、資本主義経済が拡大するに連れ、紛争や格差など、様々な矛盾が露呈し、人間は必ずしも理性的な存在ではないことが判明してきた。

そこで、従来の近代哲学の理性主義・主体性中心主義・真理主義の考え方が徹底的に批判された。すなわち、

 

 

人間の行動・判断の大部分は無意識に規制され、必ずしも理性的な存在ではない。

 →理性主義の否定。例:アウシュビッツや原爆他、理性的に計画実行された。

世界は無限に解釈が可能であるとして、唯一絶対の真理を前提とした思考の否定。

 →真理主義の否定。例:価値観・規範基準の多様化。

個人の自由や主体性は社会構造に無意識に規定されている。

 →主体性中心主義の否定。注:これはさらにポスト構造主義では「唯一絶対に正しい理想社会」を想定する価値観を徹底的に批判し、相対化し、否定した。正しい社会という共通した価値観がなく、また複雑化し巨大システム化した現代社会では「どうせ社会は変わらない」という実感と結びついている。

 

 

つまり、 この①②③の思想が現代社会に相対主義の蔓延をもたらし、アイデンティティ等の三つの問題を引き起こしていると考える。

事実、大半の現代哲学が描く現代社会の未来は非常にペシミスティックでネガティブであり、現状、現代哲学は袋小路に迷い込んでいる。→新しい学説はあるがこれだ!というものがない。

 

 

THE ONEの概念は、

この相対主義に対する新しい概念であり、

また単に近代哲学の絶対主義への再回帰でもなく、

従来のポスト構造主義分析哲学現象学を加味し止揚させた、

新しい未来を切り開く思想であると筆者は考える、、、知らんけど|д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする