BABYMETALの謎を解く

妄想で突っ走ってます!(◎_◎;

METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第四白熱教室)

[約5000文字]

 見えざる敵との戦い

─ METAL RESISTANCE ─

 

さてさて、

この無謀な実験(←哲学でBABYMETAL現象を解いちゃおうというw)も、

いよいよ最終回。

 

METAL RESISTNCEの意味と意義について、前回までの「YAVA!」「THE ONE」を踏まえ、またメタルハマー誌の記事に沿って私見、展開してまいりたいと思います。

※なお、プロット考えてなくて、毎回その場のやっつけなんで内容が重複してる部分があるかも知れません。
 あと哲学素人なんでてきとーですよ~|д゚)

 

 〈前回までの記事

METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第一白熱教室)

METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第二白熱教室)

METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第三白熱教室)

ベビメタリアン第三白熱教室 補講~ 

 

 

 【METAL HAMMER】

"BABYMETAL新曲KARATEの洞察" 

f:id:usikamo:20160304104210j:plain

 

 

BABYMETAL翻訳様から、METAL HAMMER誌サイトの記事内容の一部を抜粋し、
そこから既存のメタルバンドとBABYMETALの【決定的な違い】を考察し、
METAL RESISTANCEの本質と意義を探っていきたいと思います。

 

(一部抜粋)

 

KARATEの歌詞は多くの「正当な」メタルバンドによって書かれた言葉と相伴うものだ。世界中の数え切れないバンド達が、抵抗する事、逆境の中で立ち上がる事、正きし戦いにより「悪い人々」に対してくたばれと言う事について書いている。

 

KARATEの歌詞を見てみれば、それはまさに同じであり、英語の訳詩によれば「涙こぼれても立ち向かっていこうぜ」そして「戦うんだ 悲しくなって 立ち上がれなくなっても」と彼女達は歌っている。キラーなリフに乗って戦いについて歌う事以上にメタルな事って一体なんだ?

 

※参照先:BABYMETAL翻訳: 【METAL HAMMER】 "BABYMETAL新曲KARATEの洞察"

 

 

本講義を受講w頂いた方はすでにお気付きかも知れないが、同じ「戦い」であっても、BABYMETALと他のメタルバンドとでは少し意味が違う。
というか決定的に戦う〈対象〉が異なっている。

 

 

上記METAL HAMMER誌記事中の文、

抵抗する事、逆境の中で立ち上がる事、正き戦いにより「悪い人々」に対してくたばれ

を入れ替えると、

正しき戦いにより、

「悪い人々」に対して、抵抗する事、

「悪い人々」によってもたらされた、逆境の中で立ち上がる事、そして、

「悪い人々」はくたばれw

という文章になる。

 

 

つまり、一般的な〝慣例〟から推察するに「悪い人々」とは、社会的に一般人を搾取する支配的立場にある人々のことを指し、その人々による社会的な不正義と不平等をなくせ!という意味であることが理解できる。

これはある意味(数百年来続いている)古典的な問題であり、また60年代から続くロックスピリッツそのものといっても差し支えない。

 

 

しかし、時代は大きく変わった。

すでにその問題は過去のものとなっており、だからこそ(過去のメッセージを未だ引きずる)ロック/メタルが世界的な傾向として低迷してしまった、ということが言える。

 

どういうことか。

順を追って解説を試みよう。

 

 

 

〈絶対性〉という敵との戦い

f:id:usikamo:20160304105456j:plain

 

 

大きくなったら何になりたい?

 

小さい頃、ほとんどの方がこう聞かれた経験があるに違いない。
しかし、現代では信じ難いが、近代以前ではおよそ考えられなかった問い掛けなのだ。

 

つまり17世紀、まだ王権とキリスト教の絶対性に基づく規範が常識であった時代(日本なら江戸時代の幕藩体制士農工商制など)、多くの人は農家に生まれたなら農民として、商家に生まれたなら商人として生きる生き方を、当然のこととして受け入れていた。
多くの一般の人々にとって職業選択の自由など、露も思い浮かべることはなかった。

 

 

だがしかし、イギリスやフランスなどの内乱を通じ、個人の自由と主権意識の高まりによって、人間の理性と合理主義に基づく、現代に続く議会制民主主義が確立し、人々は自由に自分の意志で生きることが可能となった。

 つまり、17世紀において〈敵〉とは封建主義、つまり王権やキリスト教という金科玉条的に定められた〈絶対性〉であり、それと戦い、解放されること=自由になることがRESISTANCEであった。

 

 

 

〈構造〉という敵との戦い

 

一方、理性に基づく科学的合理主義は、同時に産業革命を起こし、自由主義に基づく資本主義経済を発展させた。それに伴い貧富の格差もまた拡大した。

 

そこで人類史上、もっとも大きな影響を与えたのがマルクスの理論であった。

 

f:id:usikamo:20160304110003j:plain

 

 

マルクスは、

「自由の名の下に私的所有が正当化されると、資本家の利益や労働者からの搾取も正当化され、そこに階級支配が生み出される」と考え、
「私的所有を認める国家は階級支配を正当化している」とした。
そこで私的所有を排することによって国家を廃絶した、共産主義社会という理想社会を提唱した。

いうならば、資本主義社会という〈構造〉を敵とする戦いであり、その構造をぶち壊すことにより平等の達成を目指したと言えよう。

   

しかしながら、このマルクス理論を基盤とした社会主義国家が、
「過度な平等」を重視したために、人々の自由な言動を抑圧する巨大な権力システムが構築され、数々の粛清や紛争を繰り返し、矛盾を露呈したことはご承知の通り。

 

 

※ここでひとつ興味深いことを指摘しておこう。

実は、メタルエリートと呼ばれるヘイターが主張する「BABYMETALギミック論」は、このマルクス理論と一致するのである。


たとえば、

・ベビメタは事務所が金儲けのために企画したもの(=資本家の利益のため)であり、
・すぅゆいもあの三人は事務所の言いなりで、自由に自分の考えでやっているのではな
 い操り人形=つまり奴隷(=搾取される労働者)である。

これはまさしくマルクス理論そのものであり、メタルエリートの視点からすれば、BABYMETALは、まさに階級支配の不平等を象徴する存在として映るのである。

 

おそらく(おそらくですが)社会的に境遇が不遇であったり抑圧されているメタルエリートにとって、メタルミュージックは、前述の「悪い人々」である支配階級を〝やっつけ〟社会的公正を実現し、さらには社会的に否定されている自分の存在価値=アイデンティティを認めてくれる音楽であるから、ことさら過剰に反応し、BABYMETALの存在そのものが〝許せない〟ということになるわけですね。(もちろん全員そうだということではない)

 

 

 

見えざる敵との戦い

 

──〈絶対性〉〈構造〉という敵がいない現代社会 ──

f:id:usikamo:20160304110448j:plain

 

 

自由と民主主義が発達した先進国において、すでに〈絶対性〉という支配者も〈構造〉という敵も存在しない。※もちろん中国やロシア、北朝鮮その他の発展途上国では未だに存在する。

多少の環境の差はあっても、誰もが、自由に職業を選択し、自由に自分の考えを述べ、自由に各地を移動することが保証されている。

 

 

しかしながら、逆に価値観が多様化したため「何を選んだらよいのか」「何を基準考えたらよいのか」自己の立ち位置を確認することが出来ず、さらにはますます複雑化する巨大化した社会システムが拍車をかけている。

そのため、前に紹介した通り、常に右や左を見回して〝空気〟を読み、周囲の〝流れ〟に合わせ、自分の内なる見えざる監視の目により、自分自身で自己を抑制し行動を規制してしまう。

 

 

その結果、本来、自分が何を本当に求めているのか?ということよりも周囲の(空気)という欲求を優先し、仕舞には自分というものの存在価値がわからなくなり、生き方さえも見失ってしまう。

 

つまりこの巨大化した現代社会においては、
この〈内なる監視の目〉こそ、
自己を抑圧し自由な意思決定を奪う支配者=敵に他ならない

ということになる。

※参照: METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第二白熱教室)

 

 

※現在、イスラム教徒の中からイスラム国に惹かれる若い人が少なからずいるが、それは価値観が多様化したために、逆にイスラム教の神の〈絶対性〉にアイデンティティの安心感と拠り所を求めているのである。
これはイスラム教に限らず、科学的合理主義が発達した現代において、宗教がいまだ求められていることと同じ現象。(なおこれは宗教・神仏・信仰を否定するものではないので誤解のなきよう)

 

 

METAL RESISTANCE

──21世紀における新しい自由を求める戦い ──

 

現代社会は、歴史上誰も見たことがないほどに巨大化し、瞬時に情報が世界を駆け巡るほど密接につながってグローバル化し、そして今現在も成長しつつある。

そして誰一人・・・

コントロールすることが出来ない。

 

 

私たちの社会は、いまだ誰も経験したことのない時代に突入しているのであり、新しい時代は、間違いなく新しい考え方・思想を求めている。

むろん、基本は人間の自由と尊厳にあり、一人一人が自分の存在価値=生きることの価値を見い出すことができる社会が求められていることは変わらない。

 

 

しかしながら、それは決して前時代的な「悪い人々」を諸悪の根源として吊し上げる〝だけ〟では達成することは出来ない。

メタルがいかに自由を叫びどんなに社会の不正を叫んでも、60年代の古い思想では、この新たに出現した、見えざる〈敵〉は決して倒すことは出来ないのだ。

 

 

BABYMETALは、ただ単にメタル界に新しいジャンルをもたらしただけではない。

メタル界全体そのものの概念を、新しい時代に合わせた概念に書き換え、

21世紀、戦うべき真の〈敵〉を示したのである。

 

そしてさらに THE ONE という新しい考え方・思想を掲げ、

見えざる〈敵〉を打ち倒し、新しい時代を切り開く・・・

 

BABYMETALは、

今まさに世界中のライブ会場において、

輝かしい来るべき未来世界を

私たちに垣間見せているのである。

※THE ONEについては下記参照:

 METAL Resistance 一般ベビ学講義?(ベビメタリアン第三白熱教室)

 ベビメタリアン第三白熱教室 補講~

 

 

そこにこそ、

BABYMETALの存在意義の真の価値があり、

BABYMETAL現象の秘密がある。

 

 f:id:usikamo:20160304110714j:plain

 

 

 

KARATE

 

〈歌詞〉 

KARATE

 

Seiya sessesse seiya.

Seiya sessesse seiya.

Soiya sossosso soiya.

Soiya sossosso soiya.

 

[押忍!] 涙こぼれても

[押忍!] 立ち向かって行こうぜ

 

ひたすら Seiya Soiya 戦うんだ

拳をもっと こころをもっと

全部全部 研ぎ澄まして [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

まだまだ Seiya Soiya 戦うんだ

悲しくなって 立ち上がれなくなっても [Aa 押忍! 押忍!]

 

Seiya sessesse seiya.

Seiya sessesse seiya.

Soiya sossosso soiya.

Soiya soso soiya.

 

[押忍!] こころ折られても

[押忍!] 立ち向かって行こうぜ

 

ひたすら Seiya Soiya 戦うんだ

拳をもっと こころをもっと

全部全部 研ぎ澄まして [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

まだまだ Seiya Soiya 戦うんだ

悲しくなって 立ち上がれなくなっても

 

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

 

Seiya Soiya 戦うんだ  [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

全部全部 研ぎ澄まして  [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

Seiya Soiya 戦うんだ  [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

全部全部 研ぎ澄まして  [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

 

ひたすら Seiya Soiya 戦うんだ

拳をもっと こころをもっと

全部全部 研ぎ澄まして [Wo'oo wo'oo wo'oo.]

まだまだ Seiya Soiya戦うんだ

悲しくなって 立ち上がれなくなっても

 

走れー

[Seiya Soiya戦うんだ 全部全部 研ぎ澄まして Wo'oo wo'oo wo'oo.]

走れー

[Seiya Soiya 戦うんだ 全部全部 研ぎ澄まして]

 

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

[Wo'oo wo'oo wo'oo.]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする